インテリア用品もおしゃれで選ぶ!ロールスクリーンの上手な使い方

ロールスクリーンのメリット

ロールスクリーンはカーテンと同様に遮光や目隠しの目的で使用するインテリア用品の一種です。カーテンと比較して布地が薄いことから圧迫感が無く、室内を開放的な雰囲気にすることが出来ます。また、様々なサイズの製品が市販されているので、カーテンでは対応出来ない小さな窓も丁度良い寸法で目隠しが出来るのが大きな利点です。カーテンレールを使わないので壁にねじ止めの穴を作る必要が無いのも便利な点です。軽量な製品が多いので扱いも容易な他、スクリーンの角度を変えることで室内に取り込む光の加減を調節出来るのも居住性の向上に繋がっています。

住宅に適したロールスクリーンの選び方

ロールスクリーンは扱いやすく、小さな窓の目隠しや簡易的な間仕切りとしても使えます。その一方で巻き上げの際に生じる音が大きいことや、布地の材質によっては汚れても洗えないなどの欠点もあります。また、日焼けやタバコのヤニなどで変色すると見栄えが悪くなってしまうので、使用の際は立地環境や室内での衛生管理にも気を配ることが大切です。住宅でロールスクリーンを使う場合は長く使い続けることを前提に選ぶことを心がけます。寸法や布地の材質、使う部屋などの条件別に最適な一品を選ぶのが住み心地が良い空間を保つための工夫です。近年では店頭では扱っていない特殊な寸法の製品を販売する通販サイトが増えているので、築年数が長く窓の寸法が現在の規格に合わない住宅でもおしゃれな雰囲気を演出出来るようになっています。

オーダーのロールスクリーンは、ホームセンターで取り扱っているところもあれば、ネットで注文することもできます。