スッキリとした部屋にするならコレ!お洒落なブラインド術

新定番の縦型ブラインド

家庭用ブラインドとして普及しつつある縦型ブラインドですが、特徴は天井を高く見せられることです。縦線を意識することで開放感ある印象を与えます。

縦型は外からの光も取り入れやすいため室内が明るくなります。また天井から吊るせば窓枠にとらわれないため縦線を強調できますね。部分的に取り入れたりストライプ柄として配置したり、各々の楽しみ方を見出すことができますよ!

デザイン性が上がった横型ブラインド

横型の魅力は引き上げれば部屋がスッキリとすることです。大きな窓の場合、カーテンならたたんだ布地が大きくて邪魔になりがちですが、ブラインドなら綺麗に収まります。

窓枠に取り付けることはもちろん、横型ブラインドは部屋を仕切りたい場合にも有効です。間仕切りとして使用したり、見せたくない場所を隠したり、思い思いの使い方で楽しみましょう!

ブラインドとカーテンの組み合わせも可能

ブラインドだけでは漏れてくる光が気になってしまうなら、カーテンと併用するのも良いですね。

横型のブラインドとロールカーテンを組み合わせればスッキリとした印象を与えます。またレースカーテンとの相性も良いので、ほのかな光を室内に取り込むことができますよ。

巾によってイメージが変わる

ブラインドの巾はサイズが広いため設置する場所に合わせてセレクトすると良いですよ。

巾が太いと素朴な印象に、幅が細いと優しい印象を与えます。光の入り方や見た目も大きく変わるので慎重に見極める必要がありますね。

部屋に合わせたピッタリの色選び

ブラインドは目に付きやすいインテリアなので色選びはとても大切です。どのようなコーディネートを実現したいのかハッキリと決めておくと良いでしょう。

光の入り方や色の反射の仕方、他のインテリアとの調和を考えて選ぶと良いです。

オーダーのブラインドを購入検討中であればショールームに行くことをお勧めします。写真では分からない素材の質感が確認できます。