古いパンを美味しく再利用!自家製ラスクでティータイムを楽しもう!

ラスクの特徴と古いパンの再利用について

ラスクは薄切りにしたパンを焼いて水分を散らした焼き菓子の一種で、パンを主食にする欧州では長期保存が出来る食品として扱われていました。現在では砂糖やシロップなどで味付けされたお菓子として広く普及している他、パンの代わりにカステラやパンケーキを焼いて作ったラスクも市販されています。ラスクはパンの水分を減らす目的で加熱するので、自分で作る場合は水分が減少している古いパンを使うと上手に焼くことが出来ます。また、高温で加熱して乾燥させることによってカビが生えるのを防ぐ効果が得られるので、余った古いパンを有効に再利用することが可能です。手作りのラスクは自分好みの味付けが出来るので、ティータイムのお供や酒のつまみとして食べることも出来ます。

手作りラスクの魅力と美味しく作る工夫

ラスクは手軽に食べられるお菓子として広く普及しているので、近年ではパン屋以外にスーパーなどの小売店でも購入することが出来ます。また、高温で過熱出来るオーブンを使うことで手作りのラスクを楽しむことが出来ます。手作りのラスクは焼き立てをその場で食べられるのが大きな魅力です。また、市販品には無い独自の味付けが出来るのも利点の一つなので、他には無い独自の一品を焼き上げることが可能です。ラスクを美味しく作るためには事前の下準備が重要になります。材料として使うパンは水分が少ない程上手に焼けるので、すぐに乾燥するように薄く切ることが大切です。また、オーブンは予熱で十分に熱くしておくのも内部まで乾燥させるための工夫になります。

那須に旅行した時のお土産には、那須ラスクが人気です。シュガー、メープル、ガーリックなど味の種類も豊富で、包装もきれいです。