知ってた!?機械式時計は日々の手入れが大切!

長く使える時計だからこそ

ゼンマイで動く機械式時計は、電池交換をしなくてもいつまでも使い続けることができるという特徴があります。ただ、長く使うためには、日々の手入れが欠かせません。手入れをするかしないかによって、機械式時計の寿命は変わることになります。そのため、機械式時計を使っているのであれば、手入れの仕方を覚えておくことがおすすめです。

汚れは細かく落とすこと

腕時計というのは、意外と汚れやすいものです。腕につけているだけで皮脂や垢が付着するだけでなく、外出をすれば埃や排気ガスによって汚れていくことになります。汚れをそのままにしておくと、機械式時計の寿命を短くしてしまう原因となるため、汚れが付着したら柔らかい布で拭き取っておくことが大切です。

時計の溝の部分に入り込んだ汚れは、柔らかい歯ブラシを使えば、綺麗に落とすことができます。こうした日常の手入れが、機械式時計の寿命を伸ばすことに繋がります。

機械式時計はオーバーホールが大切

機械式時計が壊れる原因は、部品の摩耗です。丁寧に扱っていても、ゼンマイを巻いて動かせば、部品は徐々に摩耗していきます。そのため、機械式時計を良い状態に保つためには、オーバーホールが欠かせません。

オーバーホールの頻度は、人によって様々で、5年に1回程度という人もいれば、壊れるまで出さないという人もいます。壊れるまで使った場合、修理をするためには多くの部品が必要になり、費用が割高になることがあります。修理費用の心配があるのであれば、壊れるまで使い続けるよりも、定期的にオーバーホールをする方が経済的です。

パテックフィリップは、世界三大高級時計メーカーのひとつとされるスイスの時計メーカーです。デザインから部品製造まで、すべて自社で行っているマニュファクチュール。安定した市場価値で、中古市場でも人気です。